フォアグラのソテーについて

2022/02/13 コラム コラム
世界三大珍味のひとつにフォアグラが挙げられます。
食べたことがない方も多いですよね。
実は、さまざまな料理にフォアグラが使われています。
今回は、フォアグラのソテーについて解説させていただきます。

▼フォアグラとはそもそも何か
フォアグラは、ガチョウやアヒルの肝臓を大きくしたものですね。
多くの美食家に親しまれています。
ソテーをはじめ、パイやリゾットなどに用いられます。
フランスでは、パンに塗って食べる方が多いです。

▼フォアグラのソテーの作り方
フォアグラのソテーの作り方を下記にてご紹介させていただきます。
気になる方は、一度ご参考にされてはいかがでしょうか?

■材料
フォアグラのソテーに使う材料は以下の通りです。

・フォアグラ:2枚
・バルサミコ酢:大さじ1杯
・ハチミツ:大さじ1杯
・醤油:大さじ1杯
・小麦粉:少々
・塩コショウ:少々

■調理方法
フォアグラに小麦粉を薄くまぶします。
中火に熱したフライパンにフォアグラを入れて焼き目をつけたら、裏返しましょう。
塩コショウを加えた後、バルサミコ酢・ハチミツ・醤油を入れ、軽くとろみがついたら出来上がりです。

■調理する際のポイント
フォアグラが焼き上がったら、すぐにフライパンから出してください。
理由は、フォアグラから油が出過ぎてしまうためです。
また、フォアグラを解凍したら、すぐに食べることをおすすめします。
一度解凍したフォアグラを再び解凍すると、味が落ちる恐れがあります。

▼まとめ
フォアグラのソテーの作り方はシンプルです。
一度解凍したら、なるべく早めに食べましょう。
手に入れるのが大変と感じている方は、フォアグラを提供しているお店をチェックしてはいかがでしょうか?
「INAGAKI亭」は、茅ケ崎でこだわりの鉄板焼きを提供しています。
鉄板焼きが好きな方は、一度ご来店ください。