お酒とチェイサーを一緒に飲むメリットについて

2022/01/17 コラム コラム
お酒の席でチェイサーという言葉を耳にするけど、一体どのような物なのかイマイチ理解していない方も多いのではないでしょうか?
飲食店などでお酒を楽しむなら、チェイサーについて知っておくことをおすすめします。
今回は、お酒とチェイサーを一緒に飲むメリットについて解説させていただきます。

▼チェイサーとはそもそも何か
チェイサーは、お酒と一緒に飲む水のことですね。
お酒の後を追うように飲む飲み物という意味があります。
海外では、チェイサーとしてお酒を飲む方もいます。

▼お酒とチェイサーを一緒に飲むメリット
お酒とチェイサーを一緒に飲むメリットが複数存在するので、下記にてご紹介させていただきます。
興味のある方は、一度ご参考にされてはいかがでしょうか?

■悪酔い対策になる
大量にお酒を飲んでしまうと、悪い酔いしてしまう可能性があります。
チェイサーを飲むことにより、体内のアルコール濃度を下げつつ、身体の負担を軽減します。

■脱水症状の対策
アルコールを分解するために水分が必要です。
お酒を飲み続けることで脱水症状を引き起こし、二日酔いになる恐れがあります。
チェイサーを飲むことで脱水症状の対策を行うことができます。
お酒を楽しむためには、飲み過ぎないことも大切ですね。

■味覚をリセットしてくれる
強いお酒を飲み続けることにより、味や香りが分かりにくくなる場合があります。
チェイサーを飲むことで味覚をリセットしてくれます。
お酒の味や香りを楽しむためにも、チェイサーを飲むようにしましょう。

▼まとめ
チェイサーは、お酒を飲んだ後に口にする水のことです。
悪酔いや脱水症状の対策になるのに加え、味覚をリセットしてくれる役割も持っています。
茅ヶ崎にある「INAGAKI亭」では、鉄板焼きに加え、お酒を提供しています。
近くを訪れた際は、一度ご来店ください。